今日の楽屋

きん散歩再び&セレモニー出演

昨日は新宿でのレッスン前の時間を利用し、紅葉を観に新宿御苑へ。平日の昼間でしたが本格的なカメラ三脚セットを担いだ人たちで賑わっていました。やっぱり空気が違いますね~。天気も良かったしリフレッシュできました。

Ca3a0239 新宿駅からすぐでこの広大さ。気持ちいいです。

Ca3a0242

コーヒーは持参、入場前に御苑近くのカフェでドーナツなどを買ってベンチで一休み。

Ca3a0244

結構猫が多いです。餌も与えられているようです。

Ca3a0246

池で水も飲み放題。

Ca3a0250

どの樹に登るか考えている私。

Ca3a0251

う~ん、やっぱ無理だな。

Ca3a0252

紅葉はこんな感じ。

Ca3a0255

せっかくだから物思いにふけってみたり、

Ca3a0256

パーキングビルをつまんでみたり・・・

Ca3a0260

こちらの紅葉もきれいでした。

今日は近所にできたセレモニーホールのオープンセレモニー(ややこしい)に蕨ギターアンサンブルが出演。わたくしも指揮でご一緒しました。

Ca3a0264 Ca3a0265 Ca3a0266 「今日の楽屋」、出番前の様子。皆さん余裕です。リラックスしまくりです。

厳しい条件下での演奏でしたが、メンバーの皆さんは積極的で熱く素晴らしい演奏をしてくださいました。出演が終わると楽屋にお弁当が出され、食事をしながら話に花が咲きました。盛り上がりすぎて長居して、やっとお開きにしたら数百人が出席したパーティーはいつの間にか終わっていました・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩槻で演奏しました。

10日火曜日は実家からほど近い岩槻市の本丸公民館のホールでヴァイオリンの宮川芳江さんとのデュオコンサートをしてきました。企画は岩槻南公民館で、前回はそちらでやったのですが、聴きにいらっしゃる方がかなり多く本丸公民館の素晴らしい音響のホールに変更、宮川さんのバイオリンがとても美しく響き、歌っていて、とても楽しい演奏会になったと思います。プログラムは、バッハ、ヘンデルのバロック音楽、アルベニス、ファリャ、ソロでタレガとスペイン物、それにシューマン、ピアソラ、モリコーネなどバラエティに富んだもので、お客様方にも喜んでいただけたようです。Ca3a0185

ひさびさに「今日の楽屋」。廊下があって部屋が二つで我々にあてがわれたのは奥の電気の点いている方。なんだか不思議な楽屋に宮川さんご満悦。

Ca3a0186 部屋の全貌はこんな感じ。練習は隣に大きなリハーサル室があるのでそちらで出来ました。

Ca3a0188 終演後にステージで記念撮影。

Ca3a0189

どん帳の裏側にこんなものが貼ってあったのでこちらでも記念撮影。季節柄気をつけたいものです。ちなみに「トゥース」をしたわけではありません。

ご来場くださった皆様、ありがとうございました。館長さんはじめ公民館スタッフの皆様には大変お世話になり、ありがとうございました。またの機会を楽しみにしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕨ギターアンサンブル出演「交流といこいの広場」

昨日は蕨市中央地区生涯学習フェスティバル「交流といこいの広場」に蕨ギターサンサンブルが出演、ぼくは指導者として今回も指揮で参加させていただきました。

Ca3a0104 楽屋にて。「ハイ、食事にします。位置について。よーい・・・」

Ca3a0105

「ドンッ!♪」(BGM「天国と地獄(笑)」)

 Ca3a0106

 2部の最初だったのでどん帳が上がる前にセッティングして待っています。さすがに百戦錬磨(?)のメンバーの皆さん、余裕です。

Ca3a0107

反対側からもパチリ。

会場は恒例の蕨市民会館ホール。こういう大きくて響かないホールは、ギターアンサンブルには分が悪いのですが、皆さん良く弾いたと思います。次回はもう少し対策を立ててさらに良い演奏を目指したいですね。お疲れ様でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまたご無沙汰です。

19世紀ギターデュオコンサートにおいでいただいた皆様、ありがとうございました。その翌日はアルポリールトリオでのコンサート、以前ソロコンサートでお邪魔した立川市の公民館で今回も控え室は保育室でした。

071211_2217 071201_1835

→アライとアシモ

071211_2213 それからお知らせが遅くなりましたが、マンドリン奏者の桝川さんのデビューCDが発売されました。今年3月のコンサートのライブCDです。どうぞよろしくお願いします。

11月下旬の浜松、名古屋でのコンサートの様子がアップされています。

浜松ギター鑑賞友の会 http://www.h4.dion.ne.jp/~hgktomo/

名古屋 ミューズ音楽館 
http://blog.goo.ne.jp/muse-ongakukan/e/0c8e9263a874d449b94db902de577c4f

来年1月26日に京都のアートステージ567でソロコンサートがあります。詳細は主催してくださるマンサーナのHPでどうぞ。http://manzana.ne.jp/  お近くの方は是非いらしてください。

茨城でのプライベートな会でミニ・コンサートをしました。暖かい歓迎に感激しました。

071211_2219「金」と「先生」の字がならぶとどうしても武田鉄也が頭に浮かびますなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GALAコンサート終了しました。

たくさんのお客様においでいただきありがとうございました。紀尾井ホールで弾くのは2回目ですが、良いホールだなと改めて実感。またいつか演奏したいものです。写真は翌日、高崎で演奏した時の楽屋。前日とは打って変わって一人きり、静かな楽屋でした(笑)。今週末は富山で演奏します。お近くの方は是非おいでくださ い。6月23日(土)富山県民小劇場『オルビス』 開演18:30 詳しくは北陸クラシックギタープレイスhttp://tomig.hp.infoseek.co.jp/ まで。

070617_1358

→会議室を一人で使用。快適じゃ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ギター室内楽コンサート終了!

26日土曜日の室内楽コンサート、満員のお客さんにも恵まれ、盛況のうちに終わりました。ぼくはフルートの佐藤彰子さんとダマーズの「4つの様相」より二曲、同じくフルートの田中恵子さんとイベールの「物語」から一曲、佐藤さん、田中さんとともに石月一匡先生の三重奏曲の第一楽章、ソロで「アルハンブラの想い出」を演奏させていただきました。他にも野村俊明先生によるヴァイオリン、ビオラ、チェロ、ハーモニカとのアンサンブル、もちろんギター合奏、重奏もあり、盛りだくさんの内容の楽しい会だったと思います。主催、出演の野村先生、先生の指導されているアンサンブル・ヴェルデの皆さんとはここ数年とても親しくさせていただいているので打ち上げも一層盛り上がりました。 会場の糀ホール、150席ほどの小ホールで、弾いていて気持ち良かったです。ロビーにあった過去の出演者の写真の中に荘村清志さんの写真もありました。

070526_1901→久しぶりに「今日の楽屋」。ヴェルデの出番前に、壁に立てかけてあったギターが将棋倒しに・・・慌てて直そうとするメンバーの皆さんを制止し、「すみません!写真一枚だけ撮らせてください!」とお願いして撮りました。スクープ写真です(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

授業&リハーサル&本番

昨日は大学での授業、アルポリール・ギタートリオのリハーサル、来月の室内楽のリハーサルで埼玉から千葉、そして神奈川とギターと大荷物を持って大移動でした。ラッシュ時のすし詰め状態の電車にギターを持って乗り込むのは勇気が要りますね。二つ目のリハーサルの帰路では埼玉高速鉄道を利用できることがわかり、金曜夜の埼京線(特に池袋→赤羽間)の恐ろしい混雑を避けて帰ることが出来ました。

本日は調布の公民館の主催するコンサートにアルポリール・ギタートリオで出演。楽しく弾けて、お客さん達にも好評だったようです。帰りに焼肉屋さんで打ち上げをしていたら、偶然にも中学時代に所属していた卓球部の先輩と26年ぶりに再会!ぼくの席からごく至近距離の座敷で奥さんと一緒に仲良く焼肉を食べていたのでした。当時(彼が3年生でぼくが1年生)、部員が全学年合わせて7人ととても少なかったので、たった1年間の付き合いでも思い出が深く、とても嬉しい再会でした。

明日はまたまたアルポリール・ギタートリオで、茨城県のつくばカピオホールでの「第6回ギターフェスティバルinつくば」にゲスト出演です。

Yoko_070421_2240

→今年新しく受け持つ生徒の数人を授業後にパチリ!

070421_1616

→でもって、今日の楽屋。巨大化した坪川女史に手錠をかけられている新井氏・・・のように見えますな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

会場いろいろ、楽屋もいろいろ

  おかげさまで、演奏する機会をそれなりにいただいていますが、いつも音楽ホールで演奏しているわけでなく、いろんなところ(あらゆるところ?)で演奏しています。そういう手軽さもギターの魅力だと思っています。当然楽屋も会場によって様々で、それでもあるだけラッキーで、楽屋がなくても驚くこともなくなりました。

Photo

Photo_1  ある日の楽屋×2

  左:保育室

  右:食堂の配膳室 

| | コメント (1) | トラックバック (0)