« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

飾り寿司 

飾り寿司教室に誘っていただいて第2回目、前回は夫婦で参加しましたが今回から妻は抜けてぼくだけ参加。二日酔いで体調悪いまま参加しましたが、寿司はなかなか良い出来になりました。ひとえに先生による細やかな材料の下ごしらえと的確なご指導のおかげであり、自分ひとりでここまで作り上げられるかが今後の課題。一番下は前回も作ったバラに再挑戦、一番上は芥子の花です。真ん中は…題名忘れました。
Ca3a0676

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バラが咲きました。

帰省していた妻のご帰還に合わせてちょうど咲きました。
Ca3a0639

面白い動画を発見!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら原発ステッカー

先ほど届いた、さよなら原発ステッカー!
九州の「さよなら原発ステッカーの会」から送っていただきました。
10セット購入したのですが、早速手始めにいつも使っているBAMのギターケースに貼り付けました。
う~ん、なかなか良い感じです。黒いケースによく映えます!あとで車にも貼っちゃおうかな。

九州からスイスに留学中の若い優秀なギタリストがいるのですが、原発事故のしばらく後からブログやメールで彼のお母様と情報交換をしておりまして、彼女がこの「さよなら原発ステッカーの会」の発起人のお一人です。
脱原発の行動はご存知の通り大手メディアではほとんど報道されないので、他の地方で何が起こっているかは積極的に情報を集めたり交換するしかないのですが、逆にいろんな出会いもあります。
こうやって人と人が繋がっていくのも重要なことですね。

ステッカーについての詳細はこちら http://ameblo.jp/sayonaragenpatu/

Ca3a0630原発の「発」の文字からモクモクと煙が出ています・・・。

Ca3a0628 ギターケースにはこんな感じで貼りました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

直火式エスプレッソメーカー

四半世紀ほど前に、大谷環師匠がビアレッティのもので淹れてくれたコーヒーに感激してすぐに購入しているのですが、最初の扱い方を知らず全然美味しく入らなくてすぐにあきらめてしまいました。
今回のイルサhttp://caffettiera-espresso.com/f_ilsa.htmはアルミでなくステンレスなのも気に入りました。
一緒に注文したコーヒー粉http://caffettiera-espresso.com/c_beens.htmがまたとても美味しく、良い感じでエスプレッソの香りと刺激を味わうことが出来ています。
最初は水だけで試運転、もう飲むのはちょっと厳しいコーヒー粉で更に試運転して金属臭さなどを取り除き、数回試してちょうど良い水量もわかってきました。
このメーカーは減量フィルターがついていて半分の量でも作れるのがとても良いです。
6カップ分(300cc)用の大き目のものを購入したので、減量フィルターを使って150cc抽出できるということなのですが、ぼくは濃度を高めて減量フィルターを使った場合100cc、フィルター使わずフルに淹れるときは200ccの水でちょうど良かったです。
これは一緒に購入した粉の場合で、豆や挽き方にもよって変えなきゃいけないようです。
もちろんクレマは立ちませんし、どろっとした濃度の高い感じにはなりませんが、結果的には大満足でした。
以前はいつか電気式のマシンを買おうと思っていたのですが、直火式だと作るのも片付けも簡単だし、場所も取らないので良いです。黒糖もけっこう合うようです。
Ca3a0615


| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱすげぇなぁ、ジェイクは・・・。

いやはやすご過ぎです。感動!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンウィーク。工作など。

妻は帰省したので、一人でのんびりと過ごしていました。

越谷の土手では干物のようなこいのぼりが・・・。
Ca3a0604


フォームを模索していて、約20年ぶりにギターレストを引っ張り出してきました。近所のDIYショップで透明チューブを購入して、劣化したギターとの接触面を交換、アルミパイプもショップで数種類カットしてもらい自力で曲げて使ってみました。ついでにもう少し太目の透明チューブとバルサ材のパイプを購入して佐々木忠先生考案という爪矯正器(?)も製作。ちなみにこの爪矯正器の材料費は計136円でした。後からの情報によるとバルサ材はもろいので桐材などのほうが良いとのこと。明日もDIYショップに行く予定です。
Ca3a0617

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »