« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

再稼動許すな!首相官邸前抗議

もう日付は昨日になりますが、「再稼動許すな!首相官邸前抗議」に参加し、妻と一緒にシュプレヒコールをあげまくってきました。この抗議行動はTwitterで集まった個人有志によるもので、特定の政治的スタンスに依ることなく、反原発/脱原発のみを唯一のポリシーとしているので、団体としての行動や宣伝、のぼりも禁止、あくまで個人としての参加が条件のようです。予想外に多くの人が参加し、1100人ほどの人が集まりました。肌寒い雨の中、小学生、中学生の女の子たちまでがやってきてマイクを握り抗議をし、しっかりと意見を述べていました。子供を持つお母さんたちもたくさん来ていましたが、皆さん仕事や家事の都合をつけてやって来るのはきっと大変だったろうと思います。誰かが野田首相たちに向けて訴えていた “こんな平日の忙しいしかも雨の中、皆来たくて来てるわけじゃない。一般市民たちがこんな風に無理して来なきゃいけないようにしているのはあなた方だ。恥を知れ!”と言っていたのには激しく同意。この抗議活動の様子はユーストリームでも中継されていたそうですが、録画はこちら。http://twitcasting.tv/gyokaigamieru/movie/4502244
Ca3a0596

Ca3a0598

Ca3a0599

帰りは恒例の打ち上げ、丸の内線で移動して新宿3丁目の「とりやなんじゃこりゃ」でシュプレヒコールで嗄れたのどをビールで潤し、美味しい料理を食べて帰りました。個人的にはここのランチメニューのチキンカツカレーを愛してやまないのですが、夜のメニューも比較的安くてどれもとても美味しいです。スタッフの方がたもとても気が利くし感じが良いです。今日のオーダーは、とり皮ポン酢和え、シーザーサラダ、牛すじ煮こみ、豆乳クリームコロッケ、地鶏もも炭火焼き一本、鶏と卵の雑炊でした。

Ca3a0602絶対お勧め!地鶏もも炭火焼

Ca3a0603 締めで食べた雑炊もボリュームたっぷりで絶品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドキュメンタリー映画「よみがえりのレシピ」

もう昨日になりますが、FBでのお友達から紹介していただいたドキュメンタリー映画「よみがえりのレシピ」を観にいきました。先週土曜日と昨日23日月曜日の2回のみの上映、午前11時からので上映ということで平日である今回は空いているだろうと思っていたら超超満員、大きな声では言えませんが、補助席を出したうえに最前列や通路に座布団を敷いての上映でした。普段手に入る野菜はほとんど品種改良されたもので、在来作物は日本中でどんどん消滅していているそうです。そんな中、山形県内で、育てるのも保存するのも大変な在来作物を、人知れずこつこつと守ってきた人たち、それを受け継いだ人たちの姿を美しい映像と共に追っています。そしてその貴重な在来作物の本来持っている味に寄り添って、なおかつ独創で美味しい料理に仕上げてしまう天才奥田シェフの手腕には改めて感動を覚えました。若き監督である、渡辺智史さんの舞台挨拶もありました。他の食品問題のドキュメンタリーは問題提起が主軸になっていてその内容を重く受けとらざるを得ないことも多いのですが、このドキュメンタリーではあくまでほのぼの、出演している方々の飾らない人柄、熱い思いに暖かい気持ちになること間違いなしです。音楽も控えめに、それこそ作品に寄り添っている感じで好感が持てました。とにかくドキュメンタリー映画としてものすごく完成度が高いと思います。秋には東京渋谷でのロードショーが決まったそうです。是非是非ご覧になってください!http://www.y-recipe.net/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホルモンVSジンギスカンVS蜘蛛の糸?

下に紹介するニュース、蜘蛛の糸でバイオリンの弦を作ったらナイロン弦よりも良い音がしたとか。そりゃぁそうでしょうよ。結局は生産性による低価格と扱いの容易さでナイロンが普及しているだけですから。ナイロン弦はきっと元々は代用品だったはずで、それがガット弦にとって変わり、定着してしまったと思います。それにしても蜘蛛の糸の弦はいったいおいくらになるのか・・・。クラシックギターは「ガットギター」と呼ばれることもあるのですが、現状ではガット弦はほぼ使用されていなくてナイロン弦が使用されています。ぼくは19世紀に作られたオリジナルギターにはガット弦をはっていますが、実売価格はナイロン弦のほぼ10倍ぐらい?最近もガットが手に入りにくいという話を聞いたので今だともう少し価格は高いかも。そういえば初めてガット弦をはった時は良い羊腸がなかったらしく1弦だけは牛腸、指板上のジンギスカン対ホルモンって感じでした。これにクモが加わる日が来るのかも??

http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20120420-567-OYT1T00122.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガレキ処理の受け入れは本当に東北復興のため?

無料公開されている漫画です。 是非読んでみて下さい。我々の血税が復興のために有効に使われないで、復興財源を狙った奴らの「食い物」にされているのではないか?拡散希望します。


http://wook.jp/book/detail.html?id=218055Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »