« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

さようなら原発1000万人アクション 3・24

今日は久しぶりにデモ参加、参加者は約6000人とのこと。パレードは何とか雨に濡れずに行えて、最後のほうは晴れ間も見えました。今日は元生徒のSくんとも会えたし、ブログによくコメントを下さるアマチュアギタリストのだいごつくねさんも一緒でした。
Ca3a0494 

Ca3a0492 野音に入りきれない多くの人が集まり写真撮影も大変でした。

Ca3a0498 なぜかたまたま先頭になってしまい、横断幕をもってのパレードになり、行進中の撮影はほとんどできませんでした。前のグループの最後尾の姿をパチリ。


Ca3a0500 打ち上げは皆で肉を完食、ごちそーさまでした!(嘘)

Ca3a0501 妻とだいごつくねさんと3人で打ち上げに向かったのですが、決定権を持つ妻が気まぐれに歩き回って散々迷って入った韓国料理屋が大当たり!この無濾過ビールは美味しかったです。しかもタイムサービスで半額!


Ca3a0502 妻が「サクふわで美味しい!」と絶賛した具沢山の海鮮チジミ。


Ca3a0504 このカムジャタンは素晴らしいアイデア!ジャガイモが一度焼かれていて煮崩れしないんですね。新大久保はもとより、韓国で食べたカムジャタンより美味しかったです。しかも今日はサービスでこの量で1000円でした!


Ca3a0505 生マッコリも美味しかったです。是非また来たいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドイツZDF フクシマのうそ

ドイツZDFの取材レポート、日本語字幕付きです。日本のテレビ局は相変わらず呑気な様子、どうやら例の占い師のほうが気になっているようです。
今日は久しぶりにデモ参加予定ですが http://sayonara-nukes.org/ 天気が回復してくれるかどうか気がかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレー再び

昨夜は基本のカレーとヨーグルトチキンカレーの組み合わせのカレー2種を作りました。ヨーグルトの酸味と細かく砕いたカルダモンの種のソーダ系の香り、さらに干しブドウにアーモンドスライスが加わり、すっきりさわやかなお味でした。こちらも20分ほどで出来上がるカレーで、基本カレーを煮込んでいる間に作れます。サラダは完全に手抜き、キュウリを適当に切って、韓国料理の酢味噌ダレにマヨネーズを混ぜたものをつけて食べました。この斬新な(?)ソースのアイデアは妻によるものです・・・ここ大事です、はい。
Ca3a0487


| | コメント (0) | トラックバック (0)

生誕記念週間

先月末、妻の誕生日だったので生誕記念週間と称し、プチイベント(1000円で映画に行ったり1500円でコンサートに行ったり…)を続けていたのですが、締めくくりとして何故かカレー作り。結構美味しく出来ました。実は数週間前にインド料理のレシピ本を密かに購入、絶対にキッチンスペースへの立ち入りを禁じ、まさかの本格カレー二種類を同時に作り提供、サプライズ成功でした。妻も喜んだようで「今度ターバン買(こ)うたるわ」とお褒めの言葉(?)を頂戴いたしました。
Ca3a0478


| | コメント (4) | トラックバック (0)

コンサート中止のお知らせ

先日、ご紹介いたしました、蕨くるるホールでの3月15日の寺沢希美ヴァイオリンコンサート、ご本人の体調不良により中止になりました。どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民法テレビ動画

以前から懸念されている福島原発4号機の現状。収束宣言とか再稼動とかどうかしてますな。7分半ほどの動画、必見です。削除される前にどうぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

水俣と福島に共通する10の手口

NHKでやっていた水俣病の特集を観ていて、原発問題ととても似ていると思っていたらこんな記事を発見。

<水俣と福島に共通する、国・県・御用学者・企業の10の手口>

 1、誰も責任を取らない/縦割り組織を利用する

 2、被害者や世論を混乱させ、「賛否両論」に持ち込む

 3、被害者同士を対立させる

 4、データを取らない/証拠を残さない

 5、ひたすら時間稼ぎをする

 6、被害を過小評価するような調査をする

 7、被害者を疲弊させ、あきらめさせる

 8、認定制度を作り、被害者数を絞り込む

 9、海外に情報を発信しない

10、御用学者を呼び、国際会議を開く
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120227dde012040007000c.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »