« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

ギターケースはケースバイケース

Ca3a0149 Ca3a0150最近持ち歩いているケースはほぼこの4種類。以前はめちゃくちゃ軽いスーパーライトケースを重宝し主に使っていましたが、リュックスタイルで背負うようになってからは体力的な負担が減った分、耐久性の強いものを持ち歩くようにしています。それぞれ長所短所があり状況によって使い分けているのですが、入れ替えているうちにどこに何のギターが入っているのかわからなくなってしまいます。気がつくと定価8万円強の高級ケースに1万円弱の量産ギターが入っていたりするのですが、そういう時はなんだか楽しい気持ち(?)になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

先週末は合羽橋で発表会&名古屋でアマチュアコンクール

土曜日は村治ギター教室の発表会でした。生徒さんたちはそれぞれ上達した姿をみせてくださいました。天真爛漫にギターを楽しんでいる幼児、小学生たちの演奏はもちろん素晴らしいのですが、そんな時期を過ぎた中学、高校生たちのいろいろな葛藤が見え隠れする演奏にも頼もしさを感じました。

Ca3a0203 ぼくら講師はステージ脇でひたすら調弦・・・今回はスタッフも多く助かりました。

Ca3a0205 まるでギターの海・・・ちなみに、これで全部ではないです。

翌朝は6時半に家を出て名古屋まで。第3回中部日本アマチュアギターコンクールの審査とゲスト演奏でした。参加者は北海道から九州まで、熱戦でした。結果は以下のとおりです。

【ジュニアの部】
1位 赤井俊亮(埼玉県)  
2位 谷田部拓人(名古屋市)
3位 赤井香琳(埼玉県)

【シニアの部】
1位 武川廣次(兵庫県)
2位 丸井雄次(愛知県)
3位 大森英世(長野県)

【一般の部】
1位 種谷信一(埼玉県)
2位 加藤優太(福岡県)
3位 星野瑞紀(石川県)

総合第一位 種谷信一  聴衆賞 星野水紀

名古屋は久しぶりで、懐かしい方々とも再会、打ち上げで楽しい時間を過ごしました。帰りは酒井康雄先生に車で名古屋駅まで送っていただき、無事日帰りできました。そういえば今思い出しましたが、酒井先生に送っていただくのは2回目、前回は20年ほど前に名古屋ギターコンクールに出て、当日中に帰れなくなり、ホテルを急遽探したのですが、土地勘のないぼくをネオン街の中にある怪しいビジネスホテルまで送ってくださったのでした。どうもお世話になりました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひっそりと連載中

タワーホール船堀でのコンサートにおいでいただいた皆様、どうもありがとうございました。先週は獨協大学での全学講座でのレクチャーコンサートも何とか終えて、今年前半期の演奏が終了しました。

4月から数年ぶりに現代ギター誌の連載を担当しています。初回の原稿を送った際に冗談で付けた仮タイトルがほぼそのまま採用されてしまった「キムキム先生のムキムキ・ウォーミングアップエクササイズ」、打ち切りにならなければ1年の連載予定です。先日5回目の入稿を終えその8月号が今日発売ですが、先は長く・・・。連載執筆のためのモチベーションをあげるべく、先月映画を観に行った川口アリオ内のタオル美術館にて自分用に記念グッズ(?)を購入しました。

Ca3a0139無料で名前を入れてくれました。

映画は「ブラックスワン」、最後まで目が離せない展開に圧倒されました。是非もう一度観てみたいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

来週7月19日(火)山田岳&キム・ヨンテ コンサート

19日(火)19から、タワーホール船堀小ホールで、今話題の素晴らしいギタリスト、山田岳さんと初共演します。入場料1000とお安くなっております。

お問い合わせ&お申し込みは 江戸川音楽協議会 http://eonkyo.net/salon.html まで。

プログラム

前半

ファリャ(プジョール編):スペイン舞曲第1

ラヴェル(松永一文編):亡き王女のためのパバーヌ 

ドビュッシー(クラウゼ編):ゴリウォーグとケークウォーク 

タレガ:グランホタ (金 ソロ)

ヴァスケス:ギターソナタ第2番 (山田 ソロ)

ベッリーニ(ジュリアーニ編):オペラ「海賊」より シンフォニア

 

後半

ニャタリ:「肖像」より 

アナクレト・デ・メデイロス、シキーニャ・ゴンサーガ

コビアン(飯泉昌宏編):ロス・マレアドス

ビジョルド(飯泉昌宏編):エルチョクロ

ピアソラ(飯泉昌宏編):リベルタンゴ

モリコーネ(竹内永和編):映画「ニューシネマパラダイス」より 

1.ニューシネマパラダイス 2.成長 3.初恋 4.愛のテーマ

べリナティ:ジョンゴ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

9月11日 蕨くるるホールでのコンサート

61

3月12日に予定していて延期になった、大萩康司、松尾俊介、レオナルド・ブラーボと、わたくしキム・ヨンテによる蕨市立文化ホールくるるでのコンサートですが、9月11日に決定し、チケットも改めて発売開始いたしました。前回チケットを購入された方々には大変ご迷惑をおかけいたしました。改めて、どうぞよろしくお願いいたします。詳細は以下URLからどうぞ。

http://warabi-fmpc.or.jp/event/event-kururu/entry_6/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国のギタリスト、イ・ソンウさん。

Lee268719_217590221610517_100000786前々回の庄内ギターフェスティバルからのお付き合いで、昨夏の韓国国際ギターフェスティバルを企画されたイ・ソンウさんが、数日間来日されました。この日は神田の藪蕎麦で食事をして、浅草までカキ氷を食べに行きました。

Lee263689_217591108277095_100000786 翌日は昨年の韓国フェスティバルの同窓会?講師だったブラーボさん、松尾俊介さんと受講された洪さん。ブラーボさん、松尾さんとイ・ソンウさんも庄内以来の付き合いになります。

Lee264250_217590161610523_100000786 さすがギタリストたち、ラスゲアードについて熱く議論中・・・と思いきやブラーボさんに、彼の大好物マンドゥクッ(韓国の餃子入りスープ)の調理法を指南するイ・ソンウさん、でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »