« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

「想定外」は想定内?

一年ほど前に書かれた、生き残れない「原子力防災計画」(山崎隆敏)にはすでに “~電力会社と行政は、深刻な事故が起こるたびに「想定外の事故であった」ですませてきたのです。”と書かれています。これからも想定外のことがどんどん起きるのでしょうか。「すぐれた技術 確かな安全」をうたい文句にしている“もんじゅ”は昨年8月26日に起きたトラブルを解決できず、今でも本格運転も廃炉も出来ない状況が続いているそうですし、我々の眼に触れないトラブルはたくさんあるようです。いつ他の原発で今回のような事故、またはそれ以上の事故が起きてもおかしくないのが現実なんでしょう。

22日、千葉県の北千葉浄水場の水に大人の飲用基準を超す放射性ヨウ素が検出されていたことが、あきれたことに一週間後の昨日30日になって発表されました。http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011033000471 まったくひどい話で、文部科学省の毎日の測定発表はあてにならないってことでしょうか。これもテレビではまったく放送されていないみたいですね・・・なるべくニュースは見るようにしていますが、チャンネルを変えるタイミングが悪いのか、一回も見ていません。先日の東京都で乳児の飲用を制限した値より1.5倍ぐらい高いのに・・・千葉県の乳児は飲んでいいのか?

九州電力が、夏場の計画停電の可能性を示唆したそうです。予定していた原発の運転再開を、今回の事故のために延期するので電力が足りなくなる可能性があると。原発が動かないと停電になるよ、と脅しているように感じるのはぼくがひねくれているから?http://response.jp/article/2011/03/28/153927.html 

で、九州電力のHPを見たら、オール電化を推奨しています。オール電化住宅が増えて、原発2基分の電力が余計にかかっているそうです。オール電化って我々を電気、というか原発に縛り付けるためのもの?http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110323-OYT1T00569.htm 

今回の原発事故、計画停電で、オール電化住宅のリスクが警戒され、リンナイなどのガス機器会社の株が上がっているとか。http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920018&sid=aenTKoPjuD30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランスから

フランス在住の友人経由でメールで来ました。

------------------------------------------

震災現場の状況と福島原発危機が懸念される中、パリ在住の翻訳業を営む有志で日本のメディアが伝えない情報をフランスより発信しています。
特に福島原発事故については、海外メディアがチェルノブイリ以来の大事故と報道する中、日本のマスコミはパニックを起こさないようソフトな報道を続けています。
これは決してみなさんの不安を煽るためではなく、広範囲で情報収集をして頂き、今後の判断の材料として頂きたいものです。

http://www.francemedianews.com/

みなさまに負けることなく、海外の日本人も頑張っております。一日も早い復興を祈って。
-------------------------------------------

外からみた日本の様子がわかると思います。この時期にMOX燃料がフランスから日本に輸送される(25日日記)など

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の海外の反応

年間8800トンほどの日本からの食品輸入があるフランスのテレビニュースでは、数日前から輸入をストップしたことを報じ、日本食レストラン、日本食材店に取り扱っている食材が安全なものであるか取材をしていたし、イタリアでは最近再開した原発計画がとりあえず1年間ですが凍結、アメリカでも調査したところ原発に反対する人が過半数を超えたことがニュースに。日本ではこれだけ汚染のニュースが流れていても、原発自体に対する不信感、反対の声などはほとんど報道されません。でも、原発に否定的な本の多くがネットでも書店でも売り切れで、関心の高さを実感しました。ぼくも今日は妻と本屋を回りました。“生き残れない「原子力防災計画」”(山崎隆敏)、“「震度6強」が原発を襲った”(朝日新聞取材班)、など原発、放射能関係3冊とその他で計8冊・・・ジュンク堂書店で一万円以上本を購入すると喫茶コーナーで400円分の無料券をくれることをはじめて知りました。多少でも今までの愚民生活から抜け出したいものですが、さて・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いったいどこまで拡がるのか・・・。

広がる一方の汚染と、この状況のなかでの浜岡原発、中部電力関連のニュースには怒りを感じます。今日も市民団体が運動してくれています。http://mytown.asahi.com/gifu/news.php?k_id=22000001103230002 こちらのニュースでも書いてあるように、浜岡に何か起これば今の日本中からの全力の震災救済や、命がけで任務にあたってくれている福島原発の処理にも大打撃と思うのですが・・・。

経済評論家の大前研一さんの震災1週間後、19日のお話。19分40秒ぐらいから、原発のお話です。もともと原子炉の技術者でいらしたそうで、わかりやすい説明と裏話(アメリカGE社製で非常用電源が日本化されていなかったため当初対応できなかったとか、なんで燃料棒貯水プールが原子炉のすぐそばにあるのかなど)、今後の対策なども興味深いです。http://www.youtube.com/watch?v=8GqwgVy9iN0&feature=player_embedded

今日の武田邦彦さんのブログも食品汚染の対策に参考になるような内容です。http://takedanet.com/2011/03/25_c10b.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「冷静な対応」と「正しいパニック」 

テレビでよく聞く「直ちに健康に影響がでるものでない」という言葉をどう解釈したら良いのかわかりませんが、放射線と健康への影響の因果関係を証明するのは難しいから、たかをくくっての無責任な発言なのかとひねくれた見方をしてしまいます。

放射線量の計算ですが、「専門家」さんたちやアナウンサーがテレビで言っている印象と、広瀬隆さんや最近バラエティ番組にもたくさん出てらっしゃる武田邦彦さんの喋ったり書いている印象が違います。テレビでは「一時間あたりの被ばく量」をレントゲンやCTスキャンと比べていますが、どうなんでしょうか。

武田さんのブログ http://takedanet.com/2011/03/16_3882.html によると、被ばく量が高くなり、出入りすると健康上影響のある可能性があるので、被ばく量の測定や健康診断を要する「管理区域」に定められた放射線の量は3ヶ月で1.3ミリシーベルト(1300マイクロシーべルト)だそうです。一ヶ月30日として、24時間をかけると、3ヶ月は2160時間。1300マイクロシーベルトを2160時間で割ると約0.6マイクロシーベルトになります。通常われわれが浴びても良いとされる量が年間1000マイクロシーベルトとされているそうで、1000マイクロシーベルト÷365日÷24時間で計算すると一時間当たり約0.11マイクロシーベルトになります。文部科学省のHPでの全国のモニタリング状況と比べてみることはぼくらのような素人でも少し判断材料になるかと・・・。でもこれも広瀬さんによるとhttp://www.youtube.com/watch?v=wlVlmyyNxlw&feature=watch_response あくまで空間線量であって、風雨などによってもたらせる放射性物質はまた別のようです。 

武田さんは3月21日のブログ http://takedanet.com/2011/03/21_0855.html で、テレビでの「冷静に対応」という言葉の解釈について述べてらっしゃいます。広瀬さんは「正しいパニック」という言葉を使ってらっしゃいました。ぼく自身はこの2つはほぼ同じ意味で捉えています。今朝、テレビでフランスのニュース番組をみて、日本にいる特派員が、もし同じ状況がフランスで起きたら、われわれは皆怒り、行動するだろうといいました。でも日本人は取り乱すことなく落ち着いていると。「悲観的でない運命論者」という表現をしていましたが、これは賛辞なのか・・・。テレビでもネットでもいろんな情報があり、我々のような素人には、自分で見極めて判断するしかないのでしょう。テレビは我々をどんどん、何もなかったかのような日常の精神状態に戻そうとしているように感じてなりません。状況が変わらない限り「冷静な対応」と「正しいパニック」を続けていこうと思います。

浜岡原発は今日も運転しています。2009年8月11日の駿河湾沖地震の後のニュースだと思います。http://www.youtube.com/watch?v=lXxw3_j0dnk&feature=player_embedded#at=141 東海地震はこれよりはるかに大きいものが来るそうです。

今回の震災後、関西のテレビ番組で浜岡原発について武田さんが語っている動画。http://www.youtube.com/watch?v=8etcTBKJ2tU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保安院、浜岡原発の緊急停止「考えなければならないのは確か」(日経電子版より)

原子力安全保安院の見解ですが、他のニュースなので見かけません。

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381949EE3EAE294908DE3EAE2E1E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;at=DGXZZO0195579008122009000000

| | コメント (2) | トラックバック (0)

至急、浜岡原発の稼動停止を!

今回の未曾有の震災、被災者の皆様の一刻も早い救助と被災地の復旧、復興、そして犠牲者の皆様のご冥福をお祈りいたします。そして原発事故の最前線で危険をかえりみず放水作業をしてくださっている皆様に心から感謝申し上げますとともに、くれぐれも犠牲がおよばないことを願うばかりです。

今、日本が危機的な状況におかれてることは間違いないと思いますが、この状況で中部電力が浜岡原発の稼動を止めないことには驚きを禁じえません。福島原発の事故をきっかけに、テレビに出てくる専門家たちの言うことが、どうにも信用できず、恥ずかしながら目を背け続けてきた原発問題をちょっと調べただけでも、我々の平和な生活は破滅と表裏一体であることがわかりました。浜岡原発は世界で一番危険な原発といわれているそうです。発生確率84%超といわれる東海地震ですが、18日のニュースによると気象庁の横田崇・地震予知情報課長は「東日本巨大地震の揺れで、他地域が刺激を受けているのは間違いない」と指摘しているそうです。 稼動停止は緊急を要します。ここでもし浜岡原発で何か起こったらもう取り返しのつかないことになります。今現在、中部電力で浜岡原発は10%ほどの電力しか供給してないそうですから、稼動を止めても大きな問題、というよりほぼ問題はないのではないかという話を聞きました。しかも、電力の足りない関東へは周波数の違いで、浜岡原発が電力の協力をすることは難しいようです。なんの力もないぼくのような人間が何をして良いのやらわかりませんでしたが、とりあえずほんの微々たる行動ですが、首相官邸と中部電力に浜岡原発の稼動停止の要望を送りました。今度は「想定の範囲以上だった」、では済まされません。なぜテレビはこのことにほとんど触れないのかよくわかりませんが・・・。被災者、被災地への協力、原発問題、自分たちにはいったい何ができるのか、どうしたら良いか考えていきたいと思います。

映画「東京原発」より抜粋
ものすごくわかりやすいです。
http://www.youtube.com/watch?v=3gFvgSFumog&feature=player_embedded

内藤信吾さんによる浜岡原発の話 5本に分かれています。http://www.youtube.com/watch?v=DHblqE6vGeI

元東芝・原子炉格納容器設計者の後藤政志さんの緊急院内集会でのレクチャーhttp://www.videonews.com/press-club/0804/001758.php

上記レクチャーで質問されていた福島みずほさんのインタビュー。パート2で浜岡原発の現在の稼働率、電力供給量の話をしています。自宅待機を命じられ、ガソリンもなくて逃げることも、かと言って救済にも来てもらえない福島原発近くの被災者の緊急を要する救出についても触れています。さきほどこのような方たちの救出の話がニュースになっていたので話が通ったのか・・・一刻も早く救出されることを願います。
http://iwakamiyasumi.com/archives/7630

作家、広瀬隆さんのインタビュー。地上波でこの人を一切見かけなかったことも疑問を持つきっかけでした。昔、朝まで生テレビで見て以来です。
http://www.youtube.com/watch?v=veFYCa9nbMY
http://www.youtube.com/watch?v=wlVlmyyNxlw&feature=watch_response
http://www.youtube.com/watch?v=rpcuM1v90XE&feature=watch_response
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本日3月12日コンサート延期のおしらせ。

本日予定されていました、蕨市民文化ホールくるるでのコンサートは東北地方太平洋沖地震の影響により、本日は中止し、9月頃の予定で延期させていただきます。チケットを購入された皆様には大変申し訳ございませんが、御理解いただきたく存じます。チケットは全額払い戻しになります。詳細につきましては蕨市民文化ホールくるる(TEL 048-446-8311・048-432-4058)までご連絡ください。どうぞよろしくお願いいたします。被災された方々のご無事をお祈りし、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月12日くるるコンサート、完売御礼!!

おかげさまで完売いたしました。御購入いただいたお客様、当日お会いしましょう!御購入いただけなかった皆様、申し訳ございません。またの機会に是非よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »