« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

ピンポン爪その後

Ca3a0033 ピンポン爪、計4回の本番をなんとかこなし、年内の演奏活動は終了。次の本番には自爪が間に合いそうです。使いやすい形をいろいろ試作するうちに楽しくなり、予備に他の爪用も作ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元卓球部員の私としてはとても心が痛んだのですが・・・

先週の火曜日の村治教室でのレッスン中にギター演奏用椅子の高さを変えるレバーを回していたら親指の爪が吹っ飛びました。週末のピアソラの協奏曲と、年内にはその他コンサートが2回あって青ざめましたが、アリアのネイルキットのセットを持ち歩いていたので処置をして二日ほどしのぎ、親指に使うには人工爪が少しやわらかすぎたので、巨匠D・ラッセル推薦のピンポン球を使うことに。まっさらな新品のピンポン球にカッターで切れ目を入れてハサミでジョキジョキ切ることには罪悪感を感じましたが、背に腹は変えられず・・・でもとても具合が良く、無事にひとつ乗り切りました。接着は布両面テープです。

Ca3a0030 使用前

Ca3a0031 使用後・・・なんだか白すぎて犬神家の一族に出てくるスケキヨのマスクを連想してしまいます。次はオレンジのピンポン球にしようかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ソノール・クラリネットアンサンブル第10回記念定期演奏会に出演させていただきました。

長野県は飯田市の飯田文化会館でおこなわれたソノール・クラリネットアンサンブルさんの定期演奏会で、啼鵬さんのバンドネオンとの共演でピアソラの協奏曲を演奏させていただきました。病気療養中の高田元太郎さんの代役として責任を果たせたかどうか自信がありませんが、素晴らしい経験をさせていただきました。プログラム最後のハチャトゥリアンのガイーヌでは突然大太鼓を担当させていただき、パーカッションデビューも果たせました!ピアソラの協奏曲はもちろんですが、こちらもとても楽しくやらせていただきました。それにしてもソノールの皆さんの音楽にかける情熱と、やはり熱い演奏には心を打たれました。今後のさらなる御発展をお祈りしています!

Grl_0001 こちらは11月中旬の現地でのリハーサルの際の打ち上げ。いやはや楽しすぎ。

445332069d068e25s本番前日のピアソラの協奏曲、クラルネットの伝田高弘先生も加わっての啼鵬さんアレンジのリベルタンゴリハ中。このあと「前夜祭」と称した打ち上げが夜遅くまであります。楽しすぎます。

Ca3a0003 当日の楽屋、啼鵬さんと御一緒させていただきました。啼鵬さんは空き時間も忙しく楽譜を書いてらっしゃいます。

Ca3a0004 ソノールの皆さんの楽屋。

Ca3a0009 本番の写真はまだないのですが、終演後のロビーでのお客様のお見送り演奏。ビデオ撮影を啼鵬さんが担当しています。

Ca3a0011 公募で参加した学生クラリネット奏者達も含めて会場内で最初の打ち上げ!指揮の松井先生の名司会と啼鵬さんの鋭いツッコミで大いに盛り上がりました。

Ca3a0013 学生さんの誰かによるミカンの皮による作品。

Ca3a0014 数少ない男子学生の一人。閉会時に残してはもったいないとブルガリアヨーグルトを一気飲み。大きくなれよ~。

Ca3a0019 Ca3a0020 Ca3a0021

Ca3a0023 ちゃんこ屋での打ち上げに続き日本酒の美味しいお店に。いやはやぼくもかなり飲ませていただいました。例年ではこの後もう一軒行くそうですが、残念なことに(幸いにして?)時間が遅れて店が閉店。もう一軒行って飲んでたら確実にひどい二日酔いだったはず・・・。

Ca3a0026 翌朝は茅野まで車で送っていただき特急あずさで帰京。最後まで見送ってくれたメンバーを車内から撮影する啼鵬さんを撮影。ありがとうございました!

ソノールさんのブログhttp://blog.livedoor.jp/sonor2000/

啼鵬さんのブログhttp://takumi-studio.cocolog-nifty.com/teho/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »