« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

蒲田で行進曲・・・じゃなくて協奏曲

今日(29日)は朝から健康診断の結果を聞きに病院へいきましたが、いやはや混んでいました。慌しく帰ってからギリギリまでレッスンをして急いで蒲田にある大田区民ホールへ。金聖響指揮、日フィルのコンサートにバンドネオンの小松亮太さんと、東京に移住して現在その活動にますます目が離せないレオナルド・ブラーボさんが出演、なかなか演奏機会のないピアソラのリエージュ協奏曲を聴きに行ってきました。ブラーボさんは終始安定した演奏と伸びやかな歌、そして自在なリズムを聴かせてくれました。さすがです!

Ca3a0166 終演後にブラーボさん(左から二番目)と、一緒に聴きに行った仲間で記念撮影。

Ca3a0167 

ぼくも入ってみました。うう・・・運動しなければ。

Ca3a0168

今日の病院での検査結果をみて反省、まっすぐ帰るつもりでしたが、誘惑に負けて妻と一緒に餃子をちょっと食べてみました。蒲田は羽付き餃子発祥の地で、ここはその元祖の店、ニイハオ。

Ca3a0169

そういえば、蒲田で生徒が立ち飲み屋をやっていたなぁ、ホッピーはプリン体ゼロらしいし・・・と自分に言い訳してさらに柳通りにある「とっちゃん」へ。初体験のホッピーも料理も美味しかったです。店も評判どおり大賑わい、若いオーナーのたくましく働く姿を見てとても頼もしかったです。今度はゆっくり行きたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザッセンハウス

Ca3a0109 同じ業界の中の、お二方のブログで取り上げられていてとても興味を持っていたザッセンハウスのコーヒーミル(写真右)。身分不相応ではありますが、我が家のコーヒーミルの使い勝手がよくないこともあり思い切って購入しました。コーヒーミルだけでそんなに変わるものかなぁ、という疑いと、出費のことを考えると変わってもらわなきゃ困る、という思いでなんとも複雑な気持ちでしたが、使用してみると使い勝手はもちろん味も明らかに違い(当然美味しい)大満足、コーヒータイムがさらに楽しくなりました。元々は紅茶派でコーヒーはほとんど飲まなかったのが(というか胃がむかついて飲めなかった)、4~5年ほど前のある日突然美味しさに気がついてからは、逆に紅茶をほとんど飲まなくなってしまいました。飲み始めて数年は一日2杯以上飲むと気分が悪かったのですが、それもいつの間にかなくなりました。とても美味しいコーヒーを飲ませてもらえる下赤塚のカフェラルゴの多さんからいろいろ教わってドリップで淹れていますが、最近2回ほど行った雑司が谷のESPRESSO FELICE ROASTERのフレンチプレスで淹れたコーヒーも美味しく、こちらにも興味津々の今日この頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

またまた きん散歩

 Ca3a0149

今日は民謡民舞の全国大会を観に行きました。

Ca3a0155 会場は両国国技館で、会場に入ると邦楽器を中心の即売会場で賑わっていました。

Ca3a0151

コンクールのようで、計算してみたら一人の持ち時間は2分、しかも前の人が演奏を終えた時点からの計測なので流れるように次の方が出てきます。夕方5時前に出演者順は170人目に・・・いやはや驚きました。

Ca3a0154

国技館に入ったのは初めてですが、面白い広告も。

Ca3a0158_2 少々助太刀を。

この後銀座に移動し、ギャラリー檜で絵を観たあと、王子ホールで行われた鈴木秀美さんのガットサロンシリーズコンサートを聴きました。ボッケリーニばかりのプログラムでしたが、素晴らしい演奏、幸せな時間でした。ゲストで出演された福田師匠も高熱を出されながらも文字通り熱演(!)名器ガダニーニでこれでもかと多彩にニュアンスを使い分けて魅了してくれました。長いプログラムで終わったのは9時半ぐらいでしたが、あっという間に感じました。鈴木さんのお話にも共感を覚えました。ボッケリーニのような花園をただ歩いているような音楽に喜びを感じることも価値のあること・・・のようなお言葉でしたが、我らがソルやジュリアーニなどのギターの古典音楽をベートーベンやモーツァルトと比較して聴くに堪えないとおっしゃる方にもたまに遭遇するのでよくわかりました。ぼくも大好きなアンナー・ビルスマさんは「悪い音楽はない、悪い演奏があるだけだ」とおっしゃたそうですから、演奏しだいかも知れませんね。作曲家の名誉のためにも頑張らねば・・・と決意を新たにした、そんな一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小休止

Ca3a0134 「こちらジャックバウアー!レインボーブリッジを3分間だけ封鎖・・・」

Ca3a0135 「クロエーーーっ!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・きん散歩

Ca3a0124 昨日は現代ギターでのレッスンに出かけたのですが、電車の時刻表を見間違えて乗りそこねてしまいました。がっくりと肩を落とし振りかえったら改札近くのマクドナルドでプレミアムコーヒーとやらの無料配布。熱いコーヒーを頂戴し、思いがけずホームのベンチで飲みながらの贅沢な電車待ち。逆ににラッキーだったかも?しかし帰りの電車では網棚にカバンを忘れアンラッキー。でも無事に確保できたからラッキー。そういえば先日も鶴ヶ島のバスの中で携帯電話落として、 アンラッキーでしたが、無事見つかってこれまたラッキー・・・ぼくの守護霊さんはさぞかし忙しいことと思います。すんません。

Ca3a0125

今日の夕方は自転車で近所の戸田公園へ。ここはボートコースが主のようで、公園ってどうどうと名乗るほどの公園ではないと思いますが。でもそのせいかかえって人は少ないのでお気に入り。いるのは漕艇部の学生さんや社会人のたちがほとんどです。

Ca3a0130 天気も良く紅葉も良い感じでした。これは戸田競艇の前。ちなみに今日は競艇場は休みのようです。

Ca3a0127 レインボーブリッジ封鎖できませ~ん!と言いたくなるような、ならないような・・・。こちらも競艇場。

Ca3a0132_2 上るとこんな感じです。

Ca3a0134 「今日は何事もなく無事に過ごせそうだ・・・」

Ca3a0135 「うわぁ~っ!ケータイ落としたぁ!!」(←嘘)

Ca3a0143

寒桜が咲いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きん散歩

昨日は上野国立博物館で「皇室の名宝展」を観に行き、天気も良かったので気ままに散歩をしてみました。

Ca3a0116

上野東照宮は工事中のようで「絵」になっていました。               

Ca3a0120

Ca3a0118

不忍池にある「蓮見茶屋」で一休み。池の上にせり出した座敷でしたが気持ちよく過ごせました。

Ca3a0119

頼んだお弁当はこんな感じ。ティーバッグのお茶が一杯ついて500円。

Ca3a0122

御徒町駅を経由し、線路沿いを歩いて秋葉原まで歩いてみました。

Ca3a0123_2

秋葉原の遊歩道。広くて気持ちよいです。カフェでコーヒーだけ飲んで帰りました・・・地味な散歩ですね。

Cimg0277_2

今日は楽しみにしていたサッカーの観戦。ベンチすぐ後方の絶好の位置にご招待いただきました。

Cimg0283 こんな写真が撮れる位置でした。好試合で興奮しました!

Cimg0290

地元、埼玉スタジアムは遠巻きにはしょっちゅう観てましたが中に入ったのは実は初めて。魅力的な建築物です。

Cimg0288 スタジアム前のスペースですがヨーロッパの公園みたいな雰囲気です。

来月はここからもう少し北上した岩槻本丸公民館で演奏します。11月10日(火)の14時開演。バイオリンの宮川芳江さんとの共演です。平日のお昼で、最寄り駅の岩槻から徒歩20分の距離ですが・・・ご都合のよろしい方は是非どうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウクレレレッスン レレレのレ

2年ほど前に立ち上がったアリゾナ三丁目食堂での毎月一度のウクレレレッスン、毎回土曜日の 開店前の時間を使っていたのですが、今回はスケジュールの都合で連休最後の月曜日に行いました。われらのオアシス、アリゾナ三丁目食堂はハッピーマンデーには目もくれず月曜日は頑なに定休日なので、生徒の一人でもあるマスターもお仕事はお休み。ということでなんとマスターがレッスン後に宴会を用意してくださったのでした。美味しいお酒とおつまみ、楽しい会話はとめどなく続き、あっという間に時間が過ぎました。どうもご馳走様でした!Ca3a0112レッスンは「氷雨」と「涙そうそう」の復習でしたが皆さんもうかなり上手に弾けるようになってきました。2年間のレッスンで一曲もハワイアンをやっていないという変わったウクレレ講座だったのですが、次はとうとうハワイアンに挑戦です。来月も頑張りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「庄内」で「オスカー」って言ったら

Ca3a00931 ぼくにとっては「庄内ギターフェスティバル」での「オスカー・ギリア」先生なので一瞬ハッとしたのですが、このオスカーは例の映画のことですね。って別に題名を隠すことはないのか・・・はい、「おくりびと」です。ちなみに韓国での題名はなんと「グッバイ」。ぼくはこの映画をまだ観てないのですが、それでもこれはないだろうと思い、実家のご両親と一緒に観たという家人に聞いたところ、やはり「全然わかっていない」との感想。どうなんですかね~。先日の韓国で滞在したホテルでは24時間、テレビで映画を観れたので、8日間で仕事の合間に映画12本半(?)観ました。どうりでなんとなく睡眠不足だったわけですな。半分しか観れなかったセルビアのオカルトサスペンス(→多分)映画「ラビリンス」の続きが気になって気になって・・・日本では全く情報がないのですが、いつか観る機会があることを切実に願っています。「グッバイ」は今後の放送予告からの情報でした。あ、また韓国ネタになってしまった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋ケ瀬公園でBBQ

教室発表会の数日後、連休中にバイオリニストの宮川芳江さんとご主人にお誘いいただき、バーベキューをご馳走になりました。何から何まで宮川御夫妻が準備してくださり、ぼくと妻は道に迷いながら自転車で合流。天候にも恵まれ、楽しい一日になりました。

Bbqca3a00941 宮川御夫妻と。サラダやメインの鶏肉のサルサソースかけ

Bbqca3a00961 宮川さんはギターも上手に弾きます。手前に写っているピアニカと宮川さんの隣にピアニカがもう一台あり、宮川夫妻のピアニカ、妻のリコーダー、ぼくのギターでスタジオジブリの音楽などを合奏。子どもを中心にお客さんも集まって楽しかったです。

Rimg0007 景色の爽やかさに馴染まないけど演歌を演奏。

宮川さん、ご馳走様でした!また誘ってくださいsmile

| | コメント (3) | トラックバック (0)

教室発表会終了

シルバーウィーク真っ只中の9月19日に生徒さんたちによる発表会を一年ぶりに行いました。今まではほとんど坪川真理子さんの教室との合同発表会だったので、ぼくの生徒だけでの発表会は今回で2回目になります。今年は蕨ギターアンサンブルのメンバーも加わり、皆さん大熱演、打上げまで大変楽しく盛り上がりました。会場は雑司が谷音楽堂で、音響も雰囲気も良く、大満足でした。

Cimg0254 集合写真。皆さんの笑顔がこの楽しい一日を物語っています。

Warabicimg0209

雑司が谷音楽堂の2階席から撮影。演奏は蕨ギターアンサンブル。この人数でこの空間だとなかなか迫力あります。5曲弾いていただましたが、名演でした!

これだけ楽しいとまた一昨年までのように年2回のペースでやりたくなります。とにもかくにも皆様お疲れ様でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕨ギターアンサンブル出演「交流といこいの広場」

昨日は蕨市中央地区生涯学習フェスティバル「交流といこいの広場」に蕨ギターサンサンブルが出演、ぼくは指導者として今回も指揮で参加させていただきました。

Ca3a0104 楽屋にて。「ハイ、食事にします。位置について。よーい・・・」

Ca3a0105

「ドンッ!♪」(BGM「天国と地獄(笑)」)

 Ca3a0106

 2部の最初だったのでどん帳が上がる前にセッティングして待っています。さすがに百戦錬磨(?)のメンバーの皆さん、余裕です。

Ca3a0107

反対側からもパチリ。

会場は恒例の蕨市民会館ホール。こういう大きくて響かないホールは、ギターアンサンブルには分が悪いのですが、皆さん良く弾いたと思います。次回はもう少し対策を立ててさらに良い演奏を目指したいですね。お疲れ様でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国演奏旅行 番外編 イ・ソンウ先生の紹介など

イ先生は昨年の庄内ギターフェスティバルにゲストでいらっしゃった韓国を代表するギタリスト、教授で、すでにCDを30枚近く発表されていますし、またエンジニアとしてCD製作にも関わってらっしゃいます。奥様はARS SINUSという音楽事務所を立ち上げてコンサートの企画、CD製作販売をされています。

Ca3a00891 上段左からイ先生とフルーティスト、ムン・ロクソンさんのデュオCD。ピアソラ、シャンカール、村治奏一くんの師匠で来日経験もあるレイズナーの作品などユニークな選曲。その隣の2枚はイ先生が20年近くチームを組んでいるOliver Fartachi-NainiとのギターデュオCD。韓国人作品3、セナモン、ドッヂソン、2人の師であるLaurie Randolph女史の作品、ガンジ、ピアソラ、ドメニコーニととこちらもユニーク。下の段左はそのLaurie Randolph女史がフルートの方と組んで自作品のみで製作したCD。その隣はなんとドメニコーニの自作によるCDで、トルコの民族楽器サズとギターのための協奏曲とコユンババのカップリング。その隣はグラモフォンから出ている韓国の新進ビオラ奏者リチャード・ヨンジェ・オニールのCDでシューベルト作品ばかりのCDで、伴奏をイ先生とOliverのデュオ、イ先生の高弟パク・ジョンホさんが務めています。

Ca3a00901  イ先生は韓国の才能ある若い音楽家を発掘する法人団体のスタッフでもあり、左の二人はこのたびデビューしました。ドイツ在住のバイオリン奏者キム・スヨンさん、超絶技巧でコントラバスを弾きまくるソン・ミンジェさんともに素晴らしい才能の持ち主です。

Ca3a0103

イ先生の門下で組まれたリブラ・ギターカルテットは昨年の庄内ギターフェスティバルでの名演を聴かせてくれましたが、一人が兵役で脱退、もう一人がメンバーチェンジし新生リブラ・ギターカルテットとして練習を積んでいます。

Img54550

庄内にも来ていた受講生二人を含む女性だけの、ボッティチェリ・ギターカルテットもあるそうで、ヴィヴァルディの「四季」をアレンジしてレコーディングも終わり、ぼくが訪れたときはちょうど編集作業の真っ最中でした。

今年のハクジュギターフェスティバルでは朴葵姫(パク・キュヒ)が素晴らしい演奏を聴かせてくれたし、先日来日したベルタ・ロハスさんがイ・ビョンウ(ギタリスト、作曲家で有名韓国映画の音楽をいくつも担当しています)作品2曲を取り上げていましたし、韓国ギター界は今後注目かもしれません。私もあやかりたいものです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »