« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

韓国演奏旅行その4

ブログを書く時間がある時は必然的に書くネタがなく、書くネタがあるときはブログを書いている時間がなく、ネタはどんどん新鮮味を失って書く時間が出来た頃には自分自身が冷めてしまって・・・。こまめに更新していてなおかつ面白いブログを書いている方々はすごいですね。ってなわけで韓国旅行の続き、賞味期限ギリギリですが・・・。

Cimg0146

イ先生の案内で、観光客にもおなじみのインサドンのおしゃれな茶房で抹茶を飲みました・・・はい、飲んだ後です。向こうに見えるのはイ先生のメガネと携帯電話

この前に同じインサドンの店でケジャン(蟹の漬物)で食事をしましたが・・・写真はないです。食べ物を前にして箸より先にカメラを持てない卑しい性分なもので・・・。

実はこの日のメインはインサドンのもう少し北にある起伏の多い一角に韓国の伝統的な家屋が建っているのをイ先生に案内してもらったのでした。

Cimg0152

Kaoku_cimg0148

Cimg0150 こんな感じでした。ドラマの撮影の準備もやっていましたが、時代劇かもしれませんね。

Cimg0153

めちゃくちゃ急な階段

Cimg0154 頑張って立ってみました。

Cimg0156

ガスの配管部分もちょっとアートさせちゃっています。

このあたりは茶器を扱う店も多く、カフェもたくさんあり、個人的にはとても気に入ったのですが、観光ガイドとかには載っていないのでしょうか、帰国後に調べても地名が探せませんでした。また次回も行ってみたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

青い宇宙の庭Ⅲを聴きました。

北爪道夫さんの出来立てほやほやの新作ギター協奏曲を福田師匠のソロ、小出雄聖指揮メトロポリタン・マンドリン・オーケストラの演奏で聴くことができました。
マンドリンオーケストラでないと出来ない表現と、福田師匠の繰り出すギターの極限ともいえるフレーズのコラボレーションが、とても素晴らしかったです。久しぶりに訪れたカザルスホールの音響も満喫しましたが、来春で閉館だそうでなんとも残念です。このホールでは色々な名演を聴いた思い出があります。最初にカザルスホールに行ったのはもしかしたら尾尻雅弘師匠の素晴らしかったデビューリサイタルだったかも・・・ロッシニアーナ3番やカーターのチェンジズを聴いたと思います。その後バルエコ、アサド兄弟、福田師匠、ヨークとテナントのデュオなどなど、どれも名演でその記憶は自分の大切な糧になっています。日大の所有になってからはほとんど足を運ぶ機会はありませんでしたが、その数少ない機会の中での長野剛くんの11弦ギターによるバッハの演奏会も忘れられません。なんともCa3a0097 寂しいものです。

お気に入りだったバルコニー席から会場を撮影

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ご来場ありがとうございました。

13日のクロサワ楽器ミニコンサート、来てくださった皆様、ありがとうございました。12日はバリオスのスペシャリスト、ベルタ・ロハスさんのマスタークラスを受講し、良い刺激をたくさん受けコンサートに臨めました。今日はベルタ・ロハスさんのリサイタルが大泉学園ゆめりあホールでありとても楽しみです。マスタークラスが終わったあと弾いてくれた最後のトレモロはとても素晴らしかったです。是非皆様も足をお運びください。詳細は以下の現代ギターのサイトでどうぞ。

http://www.gendaiguitar.com/gg_html.php?type=10&id=588

上記コンサートは終了いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国演奏旅行その3

30年間地中に埋められていたソウル市内を流れる清渓川(チョゲチョン)の復元工事は2度目の訪韓の時に真っ盛りでしたが、今回ようやく復元した清渓川を訪れることが出来ました。ちょっと北区の王子辺りに似ているかも。

Cimg0138 清渓川にてイ先生夫妻。川の上は車は走っているし商店だらけなのですが、意外と静かでとても落ち着きます。イ先生は中島らもとムッシュかまやつを足して2で割った感じの雰囲気。奥さんはとてもチャーミングで美人です。

ソウルから車で一時間半ほど行ったキョンギ道パジュにある芸術家の町ヘイリにイ先生の奥さん、ルージュでのコンサートを企画してくれたイ・ウンファンさんの車で行きました。ここには是非また訪れたいです。たくさんのギャラリーやおしゃれなカフェも魅力でしたが、カメラータという音楽鑑賞スペースで過ごした時間はまさに至福のひと時でした。

Cimg0157 Heiri_cimg0158

ちなみにイさんの車はホンダのレジェンド。乗りごこち良かったです

今回も美味しい食事を満喫しましたが、食事のときは写真を撮るのを忘れちゃうんですよね。今回は干したタラのスープが個人的に大ヒット、サムゲタンも韓国で初めて食べましたがあまり美味しいので2回食べに行きました。心待ちにしていたスンデ(豚の血の入ったソーセージ)やそれをつかったクッパ、ケジャン(蟹のしょうゆ漬け)、カムジャタン(豚の背骨肉とジャガイモの鍋)、サムギョップサル(豚の三段バラの焼肉)、冷麺など美味しくいただきました。韓国ではポピュラーなアロエジュースも美味しかったです。日本で売ってないかなぁ・・・それと韓国のトマトジュースは甘いです。トマトが甘いとかでなく、甘味料を使って甘くしています。最初はびっくりしましたが、これが意外と美味しいんですよね。韓国に行ったときの楽しみがまた一つ増えました。韓国にいらした際は是非お試しを!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国演奏旅行その2

2回目のコンサートはレストラン「ルージュ」での会員限定のミニコンサート。ワインと料理を楽しむ会だったので、終演後に始まった会ではぼくも一緒に美味しいワインと料理をいただきました。お客さんの中には幼い頃に日本に住んでいた兄弟や、日本に留学されていた方、日本語を勉強中の若い女性などもいて話がはずみました。

Cimg0142 後列右はイ先生、そして会員の方々

Cimg0139 料理は左の若い女性料理人によるもの。美味しかったです。

Cimg0140 一番左が料理担当の方、一番右がルージュのオーナー、そしてスタッフの皆さん。

Cimg0145 このコンサートを企画してくださった会の中心的メンバー、イ・ウンファンさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月13日(日) ミニコンサートのお知らせ

クロサワ楽器新大久保店のミニコンサートに出演します。無料ですが、要予約、開演は14時です。45分ほどのプログラムになります。

クロサワ楽器新大久保店 Tel 03-3363-7451
E-mail htnc@kurosawagakki.com

よろしくお願いします。

上記コンサートは終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国演奏旅行その1

先週まで8日間、韓国に滞在しました。昨年夏、庄内国際ギターフェスティバルでご一緒させていただいたイ・ソンウ先生に招かれての訪韓で、2回のコンサートとレッスンをしてきました。セイルアートホールでのリサイタルには、庄内フェスティバルの受講生たちやソウルギターカルテットのメンバー、たまたま一時帰国していたスペイン在住ギタリストのチャン・デゴンも来てくれていて嬉しい再会になりました。

Cimg0126 セイルアートホールのロビー。75席の小さいホールながら音響は抜群でとても弾きやすかったです。写真に写っているのはコンサートの送り迎えから荷物持ちまでしてくれたイ先生のお弟子さん。翌日にはぼくのレッスンも受講しました。キム・キョンテくんという名前でぼくの名前と似てます。

Cimg0132 終了後にロビーにて、イ先生のお弟子さんたちと。

Cimg0133 右からソウルギターカルテットのハン・ヒョンイル、前回まで3度韓国でのコンサートを主催してくれたデザインギター社のチョンさん、今回主催のイ・ソンウ先生と奥様。ホールとなりの美味しいカムジャタンのお店での打ち上げでした。

Cimg0134 「そういえばヒョン(韓国語で「アニキ」)と韓国で会うのは初めてですね」と言われて改めて考えてみると彼とあったのはほとんどスペインで、他にはオーストリアで1回、日本で2回でした。昨年来日しましたが、来年も来日の予定があるとか。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »