« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年10月

マンドリン&ギター、デュオCD

マンドリン奏者、桝川千明さんの初のCDはぼくとのデュオでライブ録音です。順調に行けば来月末に発売になります。一昨日、ジャケット用の撮影をしました。デザインは上野さん、写真は五十嵐さんで、福田進一師匠のロッシニアーナやぼくのソロCDも手がけてくれた名コンビ。きっと良いものが出来上がると思います。

071022_1810

撮影している五十嵐さんを撮影・・・。
モデルは桝川さん、レフ板を持っているのは上野さん

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ソウル・ギターカルテット&金庸太コンサート

川口市の横曽根公民館でソロでのコンサートやりました。たくさんの方においでいただきありがとうございました。住んでいる戸田から電車で行くとなると赤羽まで出て乗り換え、しかも川口駅からバスか、西川口から徒歩でかなりあるので、ギター担いでママチャリで地図を頼りに走ってみたら家から20分弱で着きました。自分のコンサートに自転車で出かけたのは初めてです。半分以上走りなれた道だったし天気にも恵まれ快適でした。

来月はプライベートなものやすでに完売で告知してないものを含めると4週間で5種類、計6回のコンサートを予定しています。最初は11月10日の韓国のソウル・ギターカルテットの来日公演ですが、ぼくは30分のソロプラグラムを弾く予定です。チケットは前売り2000円、当日2500円です。お問い合わせは金庸太 電話&ファックス 048-432-6852 またはメールにてご連絡ください。

_____new ____back                                      

予定プログラム

*ソウル・ギターカルテット  ビー玉遊びのバイヨン(P・ベリナティ)、4つのギターのための「アリラン」(キム・ソンギ)、「トラジ」の主題による変奏曲(チョン・ソギョン)、ブエノスアイレスの春、夏、オブリビオン、冬、フーガと神秘(A・ピアソラ)

*金庸太   練習曲第1番「プーナとカルージョ」(G・カントール) 、練習曲第1番(C・R・リベラ) 、アルハンブラの思い出(F・タレガ)  、タンゴ・アン・スカイ(R・ディアンス) 、パリとゲッティンゲン(バルバラ) 、愛の讃歌 (M・モノ) 、ぼくの部屋に雨が降る(C・トレネ)、群集(E・ディエゾ、A・カブラル)  、アリラン(韓国民謡~金庸太編) 

よろしくお願いします!

上記コンサートは終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

世界3大スープ(?)

とも言われるタイ料理のトムヤムクン、初めてその名を知ったのは15年ほど前でしょうか、辛くて酸っぱいこのスープ、個人的にはかなり好きで、機会がある度に食べるし、自分で作ったこともあります。インパクトのある名前にも親しみがありますね。にもかかわらず、つい先日、仕事でよく会う尊敬する某氏から「トムヤムクンのクン海老のことですよ。」と教えられるまでそんなことはまったく知りませんでした。要するに「トムヤムクン・ラーメン」には海老が入っており「トムヤム・ラーメン」には海老は無いのですね。海老が入っていようがなかろうが、鈍感なぼくはいつまでたってもそんなことには気がつかなかっただろうと思うのですが、海老アレルギーである某氏にとっては生死にかかわる問題であるわけでして・・・。その某氏がある日お店でトムヤム・ラーメンを注文したのですが、気を利かせた優しいご主人が「海老をサービスしておきました!」とトムヤムクン・ラーメンを出してくれたそうです。そのやさしさがわかるだけに「実はこういう事情で・・・」と説明するのがとても心苦しかったとか。ご主人はショックを受けながらももちろん一から作りなおしてくれたそうです。涙なくして語れないトムヤムクン悲話でした。070825_1339

*本文の内容と写真は特に関係はありません、ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »