« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

日曜日に

第6回つくばギターフェスティバルにゲスト出演来ました。去年に引き続き2回目ですが、ホールもお客さんも最高で、楽しいステージになりました。ホール隣のカフェ「ベルガ」のランチも美味しかったです。フェスティバルのさらなる発展を願っています! 

070422_1144

→ステージでリハ中の新井氏と坪川女史

070422_1122

→つくばのバスでつくバス・・・日本はダジャレ国家ですなぁ。2007422_078

→でもって本番

| | コメント (0) | トラックバック (0)

授業&リハーサル&本番

昨日は大学での授業、アルポリール・ギタートリオのリハーサル、来月の室内楽のリハーサルで埼玉から千葉、そして神奈川とギターと大荷物を持って大移動でした。ラッシュ時のすし詰め状態の電車にギターを持って乗り込むのは勇気が要りますね。二つ目のリハーサルの帰路では埼玉高速鉄道を利用できることがわかり、金曜夜の埼京線(特に池袋→赤羽間)の恐ろしい混雑を避けて帰ることが出来ました。

本日は調布の公民館の主催するコンサートにアルポリール・ギタートリオで出演。楽しく弾けて、お客さん達にも好評だったようです。帰りに焼肉屋さんで打ち上げをしていたら、偶然にも中学時代に所属していた卓球部の先輩と26年ぶりに再会!ぼくの席からごく至近距離の座敷で奥さんと一緒に仲良く焼肉を食べていたのでした。当時(彼が3年生でぼくが1年生)、部員が全学年合わせて7人ととても少なかったので、たった1年間の付き合いでも思い出が深く、とても嬉しい再会でした。

明日はまたまたアルポリール・ギタートリオで、茨城県のつくばカピオホールでの「第6回ギターフェスティバルinつくば」にゲスト出演です。

Yoko_070421_2240

→今年新しく受け持つ生徒の数人を授業後にパチリ!

070421_1616

→でもって、今日の楽屋。巨大化した坪川女史に手錠をかけられている新井氏・・・のように見えますな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

リハーサル

今日は今週末のアルポリールギタートリオでの演奏のためのリハーサルでした。土曜日は調布でのコンサート、日曜日は茨城県のつくばで行なわれるギター合奏フェスティバルのゲスト出演です。今回初お披露目の新レパートリーもあり、熱のこもったものになりました。写真はメンバーの坪川さんと新井くんです。練習場所は某クリニックのサロンルームを使わせていただきました。リハーサル後にはビュッフェスタイルのイタリア料理店に行き3人で食べまくり、喋りまくり・・・楽しい時間を過ごしました。070418_1802

→録音した演奏を聴きながら楽譜をチェックする・・・姿をリハーサル後に再現している二人!ブログ用の撮影協力ありがとうございました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新年度

今週は水曜日から江戸川区音楽協議会主催のギター講習会、昨日からは大学の授業が始まりました。江戸川区の講習会は去年に引き続き2回目、大学での授業は早いもので6年目になります。やはり新しいスタートはピリッと身が引き締まる感じがしますね。今年で3年目になる専門学校はやや遅れて来月からのスタートです。来週からは2つのコンサートのリハーサルが同時にスタート。いきなりダブルヘッダーで、大学の授業の後に千葉の松戸でギタートリオのリハーサル、神奈川の大倉山に移動してフルートとのリハーサルです。リハーサルに費やす時間と、この日の電車での移動にかかる時間はあまり変わらないかも??

| | コメント (0) | トラックバック (1)

すぐれもの・・・のついでに

見つけました。「アロンアルファ釣名人」を購入した際に釣具店内で発見、あまりにもそのまんまのネーミング・・・メーカーの人はこの商品を持って売り込みにいったり、お店の人も電話で注文したりするんでしょうね。本番前に緊張しすぎて気分が悪くなるギタリストの方はこちらもどうぞ!070330_1810

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すぐれもの

といってもギターを弾く方のための情報です。ピアノの高橋さんとのデュオで6年前に国内4ヶ所を回って演奏会をした際、右手親指の爪が割れてとても苦労したのですが、今回も前々日のリハ-サル中に割れてしまいました。彼女とはそういうめぐり合わせ??気が付いたら割れていた(というより破れた状態)ので、もしかしたら譜面台の高さを調整する時にやってしまったのかも・・・前回は石油ストーブの灯油缶の蓋を回したらあっけなくやぶれましたから。で、応急処置に使ったのが、先日購入して持ち歩いていた「アロンアルファ釣名人」。通常だとその後改めてスカルプチャーキットを使用、アクリルパウダーと溶剤を混ぜて塗って乾かして・・・という面倒な作業をします。しかも、それも再度付け足したり、はがれてきたら瞬間接着剤を流し込んだりしながらだましだまし使うのですが、今回は最初の応急処置のまま、何の問題もなく今日もしっかり爪を守ってくれています。紹介してくれたのは生徒のひとりで、スペインから来日したフラメンコギタリスト達が、釣具専門店でどっさり買って帰るんだという話をテレビで観たらしく、試したらとても良かったそうです。知らない間に生徒たちの間では広まっていたようですが、生徒さんたちは割れる前に補強として塗って使用しているようです。ぼくはアルポリールギタートリオのリハーサルをして車で移動中に、釣りが趣味のメンバーの新井くんに付き合って大手釣具チェーン店に寄ったついでに買ってみたのですが、 釣糸をギターやリュートの弦に使用している人も多いし、意外と070409_2140 釣具店はギター用品の宝庫だったりして・・・。

→アロンアルファ釣名人と、割れていた親指の爪。ちょうど光っている部分あたりが3ミリほど「破れて」います。

|

コンサートご来場ありがとうございました。

昨日のデュオ・クロワゼとのコンサートにおいでいただいた皆様、どうもありがとうございました。留学先のベルギーを離れてもう7年ほどになりますが、リハーサルなどは久しぶりに留学中を思い出しなつかしかったです。ピアノの高橋さんとの共演は6年ぶりで、昨日のレパートリーもその時にやったものですが、彼女のアイデアがさらに豊富になっていて勉強になりました。サンダーくんとは初共演、ファリャのスペイン民謡をを歌以外と共演するのも初めてでした。歌の版とは尺が違ったり、一曲はキーが違ったり、また曲順も違うので神経を使いましたが、本番では4曲目の「ポロ」を激しく弾き終わったところで、いつもの癖で終わったと勘違いして立ち上がりかけてしまいました・・・。ヴィオラ、ピアノとの共演ということで、今回2つのPAシステムを試させてもらい、結局マイク内蔵のギター使用を選択しましたが、それでもアンサンブルをするにはなかなか大変でした。他楽器とのアンサンブルでは避けて通れない問題ではあるのですが、今回の経験は今後の参考になりました。アンコール最後のボッケリーニ、リハーサルでは苦労しましたが、本番では楽しく演奏できて良かったです。ご協力いただいた現代ギター社他の皆様、どうもありがとうごいました。

コンサート翌日の今日でわたくしとうとう満40歳の大台に乗りました。充実した40代になるように頑張りたいと思います。今後ともよろしくお願いします。070408_2339

→40歳になった抱負を語る筆者(ウソ)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

てんこもりBOOK 

Rec070403_1926 という現代ギター社出版の曲集の第3段(おかわり3)のための録音に参加。この10日間ほどで3回録音に関わっていて、ひとつはマンドリンとの演奏会のライブ録音、リコーダーアンサンブルとの共演で某大手音楽関連会社の教材の録音、それとこのてんこもり。録音に参加したものの、それがいったいどこに使われてどこにいったら聴けるのかわからない場合も多く、今回だと教材の録音がそれ。なんだか詳しく聞けない雰囲気だし・・・。ちなみに今流れているかどうか微妙ですが、某大手製薬会社(協○発酵)の、変わったサルが飛び跳ねているCMの音楽はぼくが多重録音で演奏しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

会場いろいろ、楽屋もいろいろ

  おかげさまで、演奏する機会をそれなりにいただいていますが、いつも音楽ホールで演奏しているわけでなく、いろんなところ(あらゆるところ?)で演奏しています。そういう手軽さもギターの魅力だと思っています。当然楽屋も会場によって様々で、それでもあるだけラッキーで、楽屋がなくても驚くこともなくなりました。

Photo

Photo_1  ある日の楽屋×2

  左:保育室

  右:食堂の配膳室 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »